どうも、田中です。

デジタル化(DX)やAIの導入を諦めるな!
どのような業種、業態でもDXやAIを導入できる!

この信念だけを胸に、急速に変化を続けるこの時代に1つでも多くの業種・業態でデジタル化(DX)やAIの導入を支援する「導入サポート力」をただひたすらに磨き続けています。

その結果、デジタル化からほど遠いと思われてきた業種にも自動化や業務効率化のシステムを導入するお手伝いをしてきました。

事例1 神社

ある神社では、毎年1回線しかない電話で多くの企業様から新年のご祈祷の予約を受けていました。予約をしたい企業様からの「ネット予約があると嬉しい」の一言で予約システムの導入を決意しましたが、予算が限られていました。

「限られた予算でどうにかできないものか」と当社にご相談いただき、業務フローの見直しから行い、今までご祈祷の予約時期はこの業務に時間を取られ過ぎて他の業務に支障が出ていたようですが、現在ではスムーズにご祈祷の予約を管理することができているとのことです。

事例2 公共施設

ある地域の公共施設は手書きの利用申込書に加え、電話でも利用予約を受け、職員の方々が紙の予約管理表を作って利用状況を管理していましたが、複数の予約経路をアナログの帳簿で管理することによるダブルブッキンなどが発生してしまうこともあり、予約や管理の方法の見直しからご相談をいただきました。

予約方法にインターネットを追加するため、こちらもネット予約に対応する専用の予約管理システムを開発して利用していただいております。

もし、あなたにも「デジタル技術やAIを導入できないか」とお考えのようなら、たとえ今は全くデジタル技術(DX)を導入していない事業・サービスであっても、自動化や業務効率化に導くことができます。

これらの経験から、私はどのような業種でもデジタル技術(DX)/AIの導入は可能だと確認しています。

デジタル技術(DX)やAIを導入→適切に活用する=この時代を生き抜く土台

もし、あなたが、あなたの事業・サービスに情熱を注ぎ込んでいるのなら、誰にも負けない情熱を持っているのなら、それを時代に合わせてアップデートしましょう。アップデートすることで、あなただけでなく、あなたのもお客様に今まで以上に喜んでいただけるようになります。

あなたの事業・サービスを、あなたが「デジタル技術で解決できないか」と思っていることを教えてください。きっと、私が磨き続けてきた「デジタル技術の導入サポート力」が、あなたの力になれるはずです。

P.S.私がこのように「サポート」を大切にしているのか?その理由はこちら